体験談①

私は普段は会社で働いていますが、とあるお店に体入してきたのでその時のお話をさせていただきます。
本業後の副業としてナイトワークを

お金がなかったからこそ

体入したきっかけはお小遣い稼ぎでした。
お仕事は残業時間がなくなりつつあり収入は減り、このままだと遊ぶお金どころか生活費だって大変だなって思ったので会社後に働けるお仕事を探しました。
そこで見つけたのがナイトワークです。かなり額面が良いので早速電話で応募しました。面接をすると、体入の日を提案されたので快諾。体入は面接の翌日となりました。

実際に体入して良かったこと

結果から言うと、私は体入したお店で今でも働いています。
体入して雰囲気が良かったこと、お店のスタッフや同僚になる女の子たちが優しかったことが決め手でした。
仕事って条件や待遇よりも環境の方が大切だと思うんです。
どんなに楽な仕事でも同僚が嫌だとそれだけで負担だし、逆にどれだけ大変でも同僚や上司に恵まれていれば頑張れるじゃないですか。
体入で入った私にもとっても優しくしてくれたので、ここなら良いかなって。

お店の雰囲気を知れたのも良かったです

体入してお店の雰囲気を知れたことも良かったです。
求人サイトで自宅と職場の間の乗換駅で良い条件だなとは思ったものの、肝心のお店の雰囲気がよく分かりませんでした。
それでも、とりあえずという気持ちで体入してみたんです。
もしも、お店の雰囲気が私に合っていなかったらここまで続けられなかったんじゃないのかなとも思います。

体入して分かったことがたくさんある

体入で分かることはたくさん
それまで夜のお店で働いたことがなかった私は体入でも緊張しましたけど、体入のおかげで本入店の際は余裕がありました。
それに、体入でどんな世界なのかある程度分かっていたし、生活のリズムが崩れないなとも確信しました。
今では週に一日だけお店で働いています。副業で自分のペースでお小遣い稼ぎができているのも、しっかりと体入して自分の目で確認できたからだと思っています。

更新日:2018年08月18日

PAGE TOP